明日も輝く貴女のパーソナルカラーサロン・atelierおしゃれいろ

プロフィール

「atelier おしゃれいろ」大嶋理香のイメージカラー・プロフィールについて、色別にお話し致します。

水色みずいろ

水色

青春期の私は、ふるさと・秋田を離れ、東京での新生活を始めます。「受験勉強から解放され、これでやっと好きなことができる! 」という淡い想いを抱いていました。

バブル青春期のスタートは、それは楽しいものでした。私のキャンパスライフは、バブル経済の頃です。ファッションは高級なDC(デザイナーズ)ブランド、ワンレン、ボディコンが流行はやっていました(懐かしい!)。私も、厚い肩パットの入った紺色のスーツを着て、入学式に出席しました。派手な時代、憧れの東京、華やかなファッション、おしゃれな街…。それまで、受験勉強で出来なかったことを取り戻すかのように、おしゃれに、サークルに、部活に、という新生活を送りました。しかし、途中で気が付きます。「私は、ただ楽しい雰囲気に流されているだけ。これは私のやりたいことではない」ということに…。

その後、おしゃれも、サークルも、部活もやめます。そしていつの間にか、5kgも太ってしまいました。東京へ来て、「素敵!」と思って買った洋服が、着られなくなってしまったのです。それにショックを受けた私は、ダイエットのため水泳を始めました。

波ダイエットのため、水泳を始めた頃の私は、クロール25mをなんとか泳げる程度でした。しかし、1週間に3回プールに通い、例えば「今日は500m泳ごう!」と目標を決めて泳いだのです。そうしている間に、どんどん水泳が好きになっていきました。そして半年後には、ダイエットにも成功し、好きなおしゃれも再開させたのです。

ダイエットのために始めた水泳。しかし、無我夢中で泳いでいたら、「やりがい」、「生きがい」へと変わっていきました。

楽しい生活を夢見た淡い想い。そして、プールで味わった達成感。この2つが、私の青春期のイメージカラー・水色です。

♥ 色見本

水色みずいろ

水色の見本

♥色メモ♥ 水色みずいろとは、澄んだ水のような薄い青色をいいます。