明日も輝く貴女のパーソナルカラーサロン・atelierおしゃれいろ

活動情報

「atelier おしゃれいろ」大嶋理香の活動情報をお知らせ致します。

2017年7月30日開催イベント「魅力再発見!秋田のお花、秋田の色」

イベントの様子

イベントの様子

イベントポスター皆様、こんにちは。秋田も梅雨が明け、本格的な夏に突入致しました。私はもう夏バテ気味ですが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?さて、7月30日(日)午後1時30分から、ふれあーるAKITA(秋田駅前フォンテAKITA6階)で、トークイベントに出演して参りました。テーマは「秋田のお花と色」。今日は、先日出演しましたそのイベントについてお話し致します。「秋田のお花と色」に、文字通り「再発見」したイベントとなりました。

花育アドバイザー・川上昌子先生とイベントに出演。「花」に詳しい川上昌子先生。そして、「色」を追及し続ける私。イベントは、2人のトークセッション形式で進行します。トークコーナー前半はメイン担当・川上昌子先生で、秋田県の市町村のお花や、夏のお花について、会場のお客様と一緒に話し合います。

「潟上市のお花は何かご存じの方はいらっしゃいますか?」と、お客様お一人お一人と会話するようにイベントを進行する川上昌子先生。会場のお客様も、「何でしょうね?」と一生懸命に考えながら、秋田県の市町村のお花について、改めて思いを巡らせていらっしゃいました。秋田で一番多い市町村のお花は「桜」だとか。春を待ちわびる喜びの気持ちが、「桜」に込められているとのことでした。

また、夏のお花の話題では、膝を打つようなお話しも。赤い色の朝顔の種を、翌年植えても、赤い色の朝顔は咲かないのだそう。だから昨年咲いた赤紫色の朝顔が、今年は咲かないのですね。

トークコーナー後半は、私が主に担当し、秋田の「お花の色」と「松尾芭蕉が詠んだお花・ねむの花」についてお話し致しました。

朝顔お花の色は、本当に神秘的。紫外線から身を守ったり、種の保存したりするため、進化の過程で、今のような色になっているのです。朝顔は、 開花時だけのお花の色が見られます。朝、早起きすると、限定の色が見られるので「早起きは三文の得」ですね。

ちなみに青い朝顔は、つぼみが紫色。朝の開花時は青色。お昼は紫色。しおれたら、赤紫色と変化します。私は、朝顔の色の変化を見るのが 大好きです。また、蓮、宵待ち草などのお花の色にも触れ、お花の色について、会場のお客様と一緒に考えました。

また秋田は松尾芭蕉が訪れた「象潟」が有名です。ここは、今年私が魅了されている町でもあります。というのも、松尾芭蕉が訪れた頃(元禄時代)、まだ象潟は文字通りの潟で水に囲まれた島が存在していました。それが、今から200年程前の大地震で、象潟は陸地へと変貌を遂げたのです。今とは違う象潟が、「芭蕉にはどんな風に見えたのかな?」と想像するだけでもワクワクします。

西施像「象潟や 雨に西施が ねぶの花」の芭蕉の句を読み解きました。調べる前は「象潟でなぜ西施?」と疑問に思っていました。そこは、風流を解する松尾芭蕉のこと。西施の悲しい人生を、雨にぬれる「ねむの花」に重ねて詠んだことを私も納得しました。

会場にお越しのお客様、私たち2人のお話しに頷いたり、質問したりと、積極的にお話しを聞いて下さいました。そのご様子に私たちも感激し、本当にありがたい気持ちで一杯でした。どうもありがとうございます。

トークが終わった後、朝顔の折り紙を作ったり、ダリアのぬり絵をしたりと、レッスンコーナーも開催。秋田のお花と色の素晴らしさを再確認したイベントになりました。

秋田は、素敵なお花と色に恵まれています。イベントでお話ししたお花と色の他にも、もっとエピソードがありそうです。今後も、秋田のお花を色に関するトーク&レッスンイベントを開催できますよう、私たちもこれからも研鑽を重ねたいと思っております。今回は、貴重な機会を頂戴いたしましたことに感謝致します。どうもありがとうございました。

開催されたイベントの様子は、次ののリンクからご覧頂けます。ブンカDEゲンキ・フェイスブックページ

ブンカDEゲンキ‐あきた文化情報サイト・スタッフレポート